モンスターのスターターデッキを強くしよう! – グウェント攻略

海外のグウェント情報サイト「gwentdb.com」にモンスターのスターターデッキ改善記事が投稿されています。その記事の内容をもとに、モンスターのスターターデッキを改善してみましょう。

スポンサーリンク

モンスター スターターデッキを改善するには

参考記事

How to Improve Your Monsters Starter Deck!

モンスターのスターターデッキ

すでにモンスターのスターターデッキを削除してしまったという方もいらっしゃると思いますので、モンスターのスターターデッキのスクリーンショットを掲載しておきます。

クリックで拡大

ブロンズカード

参考記事では、核になるブロンズカードとして以下の5枚を挙げています。

コモン

ワイルドハントの戦士

ワイルドハントの騎兵

冬将軍

レア

ワイルドハントの猟犬

ワイルドハントの航海士

スターターデッキには《ワイルドハントの戦士》、《ワイルドハントの猟犬》、《冬将軍》、《ワイルドハントの航海士》が2枚ずつ入っていますね。これらのカードは3枚で運用することが推奨されています。足りない分は生成してください。

ワイルドハントの騎兵》はゲームを始めた時点では持っていないカードです。これも生成するなどして3枚入手してください。

これらのカードを入れるにはデッキの枠を空けねばなりません。参考記事では《アークグリフィン》、《チョルト》、《アルズールの雷撃》、《日の出》を抜くことを推奨しています。これらのカードは良いカードですが、デッキの他のカードとのシナジーがないためです。

また、《ワイルドハントの戦士》か、《ワイルドハントの騎兵》の代わりに、《氷の巨人》を運用することもできます。その場合は、《ワイルドハントの航海士》をデッキから抜いてください。

シルバーカード

参考記事では、スターターデッキに入っているシルバーカードは、それにあまり適していないとしたうえで、入れ替え候補のカードを提示しています。

スターターデッキのシルバーカードの中でも《ニスラル》については、「霜」とのシナジーがあり”Great”と評価されています。

スターターデッキ内のカード

入れ替え可能

クリーヴァー

焦土

かなり悪い

指揮官の角笛

ドゥードゥー

おとり

クリーヴァー》と《焦土》は”入れ替え可能”と評価され、後記の”より良いカード”と入れ替えても良いとしています。特に《クリーヴァー》は《フィーンド》のように勢力固有のカードにより良いものがあるとしています。

指揮官の角笛》、《ドゥードゥー》、《おとり》は”かなり悪い”と評価されています。

指揮官の角笛》は、横への展開力に欠けるこのデッキでは、12ポイント以上のバリューを生み出すのが難しいことが評価を落としています。

ドゥードゥー》は、高戦力値のユニットを無効化する手を持たないこのデッキでは、通常、《焦土》より悪いとしており、《焦土》であれば2体以上を倒せることもあるが、《ドゥードゥー》ではそれはないと説明しています。

おとり》については、このデッキで《おとり》を使う最高のシナリオは《ワイルドハントの航海士》を再利用することだとし、それはブロンズカードと同等のバリューしかないと断じています。

より良いカード

Great

白き霜

天候術

ジョタン

価値ある追加

妖婆たち(《ブリュエス》、《ウィーヴィス》、《ウィスペス》)

火のエレメンタル

ウォーター・ハグ

フライテナー

進軍命令

最後の願い

メリゴールドの雹嵐

スケリッジの嵐

《オクヴィスト》

《ローチ》

《マイグタブラック》

参考記事では、「霜」が3枚では十分ではないとして、《白き霜》や《天候術》の採用を勧めています。《白き霜》は1枚で2つの「霜」を発生させることができ、《天候術》では「霜」を見つけるか再利用することができます。

ジョタン》は2列の敵を1列に集めて「霜」の影響を受けさせることができます。

“価値ある追加”と評価されたカードを持っていれば、”入れ替え可能”か、”かなり悪い”と評価されたカードと入れ替えてみてください。ただし、これらのカードをこのデッキのために積極的に探す必要はありません。

ゴールドカード

ゴールドカードでは《イムレリス》が”Great”の評価を受けています。「霜」の影響を受けている相手に惜しみなく使うようにアドバイスされています。

スターターデッキ内のカード

入れ替え可能

トリス・メリゴールド

ゲラルト

勅令

トリス・メリゴールド》は「霜」シナジーのない《イムレリス》のように見えますが、4ダメージではなく、5ダメージを与えることで《マンゴネル》や《強化投石器》のように厄介な攻城兵器を倒すことができます。

ゲラルト》は一貫性のあるゴールドカードですが、プレイヤーがもっと樽を開けていくにつれデッキから外れるであろうカードです。

勅令》は”まとも”なカードです。《カランシール》や《世話人》などの、プレイヤーが毎試合欲しくなるカードをドローすることができれば、大きなバリューを得ることができます。

最初に作るゴールドカード

ワイルドハント アーキタイプ

カランシール

汎用的

世話人

ニュートラル

シリ

カランシール》は敵の5体のユニットを「霜」の中に投げ込み、相手に《日の出》を使うことを強制します。「霜」はすでに発動しているため、相手には不利な交換となります。《ゲラルト》と入れ替えましょう。

世話人》はこのデッキの《カランシール》と同等に良いというわけではありませんが、相手のベストなシルバーカードを手に入れ、戦力値も4ポイントあります。また、他のモンスターデッキにも有効です。《ゲラルト》と入れ替えましょう。

ラウンドで勝利するために多くのリソースを使った際、《シリ》はカードアドバンテージとしてその一部を取り返すことができます。《勅令》と入れ替えましょう。

TL;DR

参考記事では、これらのカードを作るよう勧めています。

ブロンズカード

ワイルドハントの戦士

ワイルドハントの騎兵

冬将軍

ワイルドハントの猟犬

ワイルドハントの航海士

シルバーカード

白き霜

天候術

ジョタン

ゴールドカード

カランシール》か《世話人