MSIポーランドのライブ配信で語られたHomecomingまとめ

ゲーミング機器メーカーMSIポーランドのライブ配信にCDPRのBurza氏が招かれ、Homecomingプロジェクトの進捗について語りました。Homecomingプロジェクトについては、7月中旬頃から情報が定期的に公開されることが既に告知されていますが、少しだけ早くその概要を知ることができました。

スポンサーリンク

ライブ配信のアーカイブ

Youtube:GWINT – Rozmowa z CD Projekt RED | MSI Gaming Live(ポーランド語)

参考記事

reddit:Pawel Burza MSI stream interview info.

配信で語られた内容をまとめたポストがredditに投稿されています。本記事では上記のポストから翻訳してお届けします。ポーランド語→英語→日本語と翻訳を繰り返しているため、細かなニュアンスが失われていたり、誤った情報があるかもしれません。予めご了承ください。

配信で語られた内容まとめ

  • リーダーの外観について、なんらかの形で変更がある
  • ミッドウィンターアップデートのような失敗を将来的に避けるため、大きな変更については実装前に事前に告知する
  • 全カードの80%がHomecoming向けに修正/調整される
  • グウェントはサイバーパンクのリリース後もサポートされる
  • ゲームの核となる部分は完成しており、現在は各勢力の調整中で、ほぼ終わっている
  • 7月中旬に新盤面とブロンズの変更(2列化、ブロンズ2枚上限)について公開する予定
  • 同時期に、ランク形式の変更についても語られるかもしれない
  • その後は隔週でHomecomingプロジェクトの情報が届けられる
  • 吸血鬼について質問されたとき、Burza氏は吸血鬼と新勢力がHomecomingプロジェクト後まで延期されていると認めた。Burza氏は複数の勢力について話し、最後にもう2つの勢力と言った。(注意:言い間違いかもしれない)
  • 盤面はよりウィッチャー3らしくなる。新しいカメラアングルも。
  • カードのプレビューでベース戦力値を見られるようになる(ついに!)
  • Homecomingで新カードが登場する。が、暗黙的にその数は多くないだろう
  • いくつかのカードは《クエンの印》のように削除されたり、または《カタパルト》→《エイダーン軍の鎚使い》のように置き換えられるかもしれない
  • 過去に《ゲールズ》がそうしたように、いくつかのリーダーも同様のやり方で交代があるかもしれない
  • 奪われし玉座のストーリー部分は準備ができているが、ゲームプレイやカードの仕組み、アビリティはHomecomingプロジェクトに合わせて調整中。

Homecomingプロジェクトでまず最初に見られるのが2列化、ブロンズカードの所持上限が2枚に変更になることについての説明のようです。確かに、これらが明らかにならなければゲームがどう変わるのか想像ができませんよね。

またランクマッチについても変更が予定されているようです。プロラダーも含むのかな?続報を待ちましょう。

カードのプレビューでベース戦力値が見られるようになるのは、トラッカーを使えないコンシューマー版プレイヤーには嬉しい変更ですね。やっとか!という感じですが。また、以前はHomecoming中にはないと言われていた新カードですが、追加される可能性があるようです。蓋を開けてみるまでは分かりませんが。

コメント

  1. 匿名 より:

    Homecomingプロジェクトは、サイバーパンクの開発が終わった後で着手するかもしれないウィッチャー4を念頭に入れて、ハースストーンのように長期間にわたって人気を保ち且つ生き残れるゲームにするための最終オーバ-ホールだとしたら、期待する以上の価値はあると私は思います。
    しかしミッドウィンターはそのハースストーンに似せたために大失敗しこの結果となってしまったので、まずは(今回も延期されてしまった)正式なHomecomingプロジェクトの情報公開第一回目が待たれる所です。(現状ユーザー置いてきぼりに近いので)

    早く吸血鬼(デトラフ)を使いたい・・・・

    • 管理者 より:

      コメントありがとうございます!
      Homecomingの進捗第一報が週末のGWENT Openで予定されているそうなので、まずはそこでプレイヤーが安心できる情報提供をしてほしいですね。
      グウェントはそもそも面白いゲームだと思っていますし、そのアイデンティティを失わずに進化していってほしいんですが、今のところ逆を行きそうな雰囲気しかないのが心配なところです。
      多くのプレイヤーの批判的な見方を覆すような発表を期待しています。