ファンミーティングで開発者から聞いた、グウェントの少し先の話

海外でグウェントのファンミーティングイベントが行われ、正式リリース直前の「奪われし玉座」やグウェントをプレイする機会があったそうです。また開発者への質問コーナーもあったようですね。その中には、これからのグウェントについて語られた新情報もありました。

スポンサーリンク

Reddit

Reddit : A couple of interesting pieces of information from Gwent fan meeting

今回の記事の元ネタです。原文はこちらでご確認ください。

新情報まとめ

※ 以下は全て、ファンミーティングに参加した方からの情報です。公式な発表ではありませんので、ご注意を。

  • ゲームはより滑らかに動作するようになっています。
  • CDPRには新しいウィッチャーテイルズのアイデアがあります。しかし(直接そう言っていたのではありませんが、)「奪われし玉座」が適切な量、売れなければならないでしょう。
  • ドラッグ&ドロップ操作はすぐに実装されます。
  • 最初のバランスパッチは11月を予定。6ヶ月開発を続けてきた開発チームに休みが必要です。
  • 今後は少数のカードのリリースは行われません。CDPRはHCで20枚のカードの追加しましたが、今後のリリースではもっと多くなります。
  • 開発者はPTRの初日でもっと批判的なフィードバックがあると予想していました。
  • ヘンセルトは、1体のユニットをデッキから引き出してきて4ブーストするように修正されました。
  • 観戦モードの開発優先度は非常に高く、2019年内に実装しようとしています。
  • モバイルバージョンの予定はなし。開発者はHCと「奪われし玉座」に注力しているため時間がありません。
  • トーナメントでコインフリップを操作するかはまだ分からないとのこと。
  • 現在のゲームにレダニアのユニットはありませんが、おそらく個別の勢力として、ラドヴィッドは帰ってくるでしょう。
  • ダゴンもおそらく個別の勢力として、すぐに帰ってくるでしょう。
  • 新勢力は本当にすぐ!
  • 他のバージョン(異なる絵柄)の存在するカードもあるらしいです。(おそらく…開発者はリリースを待ってと言っただけです)- あと数日待ちましょう。
  • PTR後のアンケートに基づき、簒奪者のアビリティはそのままになりました。
  • 北方諸国はPTR中に上手く機能していませんでしたが、開発者は命令アビリティが適切に使用されれば強力なはずだと考えています。
  • 「アーマー」が復活する可能性は高そうです。
  • チャット機能はありません。暴言がチャットにあふれることを危惧しているのでしょう。