【ステニス王子で回す北方諸国】McBeard’s Avalanche NR

グウェントの有名配信者 McBeard氏の北方デッキです。ジョン・ナタリス、ステニス王子、ディクストラらで兵士たちを引き出して戦うデッキです。

スポンサーリンク

McBeard’s Avalanche NR デッキガイド

参考記事

gwentdb.com – McBeard’s Avalanche NR

デッキリスト

リーダー:ラドヴィッド

置き換え可能なカード

キーラ・メッツ》は恐らく置き換え可能ですが、私は何が良いか分かりません。《ヴェセミル》と1対1で交換可能のように感じますが、彼はデッキ圧縮もできます。

小縮魔術》は盤面上の巨大ユニットに対するメタカードです。《指揮官の角笛》や《ザラー》などあなたの好みのシルバーと置き換えることができます。

ラドヴィッド》は《フォルテスト》と置き換え可能ですが、スウィングと実用性でラドヴィッドが優れています。

カードコンボ

このデッキの大部分は《ステニス王子》を中心に回っています。彼は北方デッキのプレイ方法を独力で変えてしまいました。

ジョン・ナタリス》→《進軍命令》or《援軍》→《ステニス王子》:多くのゲームをこれで始めます。ステニスは《強化投石器》、《レダニア騎士見習い》、《テメリア軍の鼓手》などの点取り屋を呼び出します。これで戦力値の生成を始めて、最終的には先にパスするか、追いつくことができるでしょう。

シャニ》→《ステニス王子》:ラウンド2/3(長くても短くても良い)の優れたテンポプレイ。素晴らしいフィニッシャーでもあります。

おとり》→《ステニス王子》:2番目のステニスのようなもの。

一般的なガイド

できるだけ多くの”スノーボール”ユニット(《強化投石器》、《レダニア騎士見習い》、《テメリア軍の鼓手》などの戦力値を生成するユニット)をプレイし、相手があなたに追い付くのが難しい状況になったり、相手が諦めて密偵をプレイしたときにパスします。

霊薬:雷光》は《レダニア騎士見習い》を再起動したり、あらゆる天候に対応するのに便利で、《貧民歩兵隊》や《ステニス王子》が提供するユニットのおかげで、ほとんどの場合、3体をバフすることができます。《ステニス王子》はあなたのユニットにアーマーを供給し、自身もアーマーを得て、《戦闘用ロングシップ》、《マンゴネル》、その他の除去やAOEから守り、ラウンド1を安全にしてくれます。

ボムユニット(訳注:原文は”bomb unit”。《爆弾の罠》や《牛の死骸》を指しているのかな?)を食らった場合には、ゲームを守るために《小縮魔術》を使います。うまくいけば、最後の1枚として使うこともできます。

短いラウンド3のフィニッシャーとして《シャニ》や《ディクストラ》を使います。2ラウンドで徹底的に相手を消耗させてください。このデッキは長いラウンドで成功します。