よくある質問 – グウェントの基本

グウェントの「よくある質問」をまとめています。

公式サイトにもFAQがありますので、そちらも合わせてご確認ください。

スポンサーリンク

グウェント よくある質問

ゲームを始める前の質問

公式サイトのFAQはどこ?

ここにあります。

グウェントって?

グウェントは海外のゲームデベロッパー「CD PROJEKT RED」が運営するデジタルカードゲームです。もともとは「ウィッチャー3」というRPG(超有名ですよね!)のミニゲームとして登場しましたが、そこからスピンアウトして単体のゲームとしてリリースされました。

カードゲームの知識がなくても遊べる?

グウェントはこれまでにないタイプの、まったく新しいカードゲームです。基本的なルールはシンプルで、チュートリアルをプレイすれば、すぐに理解できる程度のものですので、カードゲームの知識がなくても困ることはありません。

もちろんカードゲームの知識があり、デッキや墓地、ドローなどの一般的な用語をご存知なら、さらに早くグウェントに馴染めます。

ウィッチャーシリーズの知識は必要?

ウィッチャーシリーズのキャラクターたちがカードとして登場しますので、ウィッチャーを知っていた方が楽しめるのは事実ですが、なくてもグウェントを楽しむのにはまったく問題がありません。実際、ウィッチャーをプレイしていないグウェントプレイヤーもたくさんいます。

グウェントって無料?課金要素はある?

グウェントは基本プレイ無料です。課金してカードを買うことができます。支払い方法はクレジットカード、PayPal、WebMoney、コンビニ支払い、ペイジーなどが利用できます。

無課金でも続けられる?

グウェントにはデイリー報酬やデイリークエストが用意されており、カジュアルマッチやランクマッチをプレイすることで報酬を受け取り、無課金でもカードを増やしていくことが可能です。ログインボーナスはありませんが、しっかりとデイリーを消化していけば、毎日カードタルを開けていくことができます。

グウェントってなにで遊べるの?

グウェントは、PC(GOGクライアント版とWindows10版が存在)/PS4/Xbox Oneでプレイ可能です。

どのプラットフォームで始めるのがオススメ?

グウェントでは、プラットフォーム間でのカード所有状況などが共有されませんので、どのプラットフォームで始めるかは大切な問題です。後悔することのないように決めてください。

本項では、プラットフォーム選びのヒントをいくつか提示します。どのプラットフォームでも基本的なゲームプレイに差はありません。

コミュニティ主催の大会で腕試しをしたいと考えている方にはPC版(GOGクライアント版。Windows10版ではありません)をオススメします。コミュニティ主催の大会は基本的にGOGクライアント版のフレンドマッチを使用して行われることが多いようです。他のプラットフォームのグウェントでは参加することが難しいでしょう。

CDPR主催の公式大会では上記のような問題はありません。参加者には特別なアカウントが貸し出され、普段どのプラットフォームでプレイしているかに関わらず参加することができます。

PS4版では、PS Vitaのリモートプレイが可能なことは利点と言えるかもしれません。今のところ、スマートフォン版やタブレット版のないグウェントは、PCモニターかテレビの前でプレイするしかありません。PS Vitaのリモートプレイなら、あなたの手元でプレイすることも可能です。またパブリックベータ期間中の今は、PlayStation Plusに加入していなくてもオンライン対戦が可能になっています。

Xbox One版をプレイするにはXbox Live ゴールドメンバーシップが必要です。Xbox OneとWindows 10版の間では同一のアカウントを使用することができるのはメリットと言えます。

プラットフォームを跨いで対戦はできる?

PCとPS4、または、PCとXbox Oneの間ではクロスプレイを行えますが、カジュアルマッチやランクマッチでのプレイに限られます。つまり、対戦相手を指定することはできません。

PS4とXbox Oneの間では対戦を行うことはできません。

ゲームプレイについての質問

ゲームを始めて最初にやることは?

まずは一人用のチャレンジモードでCPU相手に練習しましょう。チャレンジにはチュートリアルの意味合いもあります。チャレンジをクリアすると、鉱石やリーダーカードを手に入れることができ、作成できるデッキの幅も広がります。

チャレンジが終わったら、(またはチャレンジに飽きたら途中でも)マルチプレイのカジュアルマッチに挑戦してください。

カードを手に入れるには?

カードは課金して買うほかに、デイリー報酬やデイリークエストを消化することで手に入れることができます。カジュアルマッチかランクマッチをプレイしてください。2ラウンド勝利するごとに僅かな報酬が貰え、6ラウンド勝利で100鉱石、つまり1カードタル分を受け取ることができます。

6ゲームではなく、6ラウンドです。たとえゲームに勝てなくても、ラウンドを取っていけば報酬を貰えるので達成しやすいでしょう。

デッキの枚数は何枚がいいの?

デッキは25枚から40枚のカードで構成されますが、通常、25枚のカードで構成されたデッキの方が強いと考えられています。デッキのカード枚数が多くても、ゲーム中にドローできなければ意味がありませんし、デッキのカード枚数が多くなると、本当にほしいカードを引ける確率が少なくなります。

どの勢力がオススメ?

まずは用意された各勢力のスターターデッキを、一通り遊んでみることをオススメします。そうすることで各勢力の特徴を確かめ、自分にあった勢力が見えてくるかもしれません。

各勢力をごく簡単にご紹介します。

  • モンスター:「天候」に影響する/影響を受けるユニットや、「捕食」ユニットが多い。
  • ニルフガード:「密偵」や手札の「公開」を軸とし、強力なバフや除去を行う。
  • 北方諸国:「兵器」ユニットが多く所属している。多数のユニットを展開し圧倒する。
  • スコイア=テル:列を「移動」する手段やバフが豊富。「伏兵」ユニットも特徴のひとつ。
  • スケリッジ:墓地からの復活が得意。ラウンド経過や、味方がダメージを受けても強くなる。

また、公式のYouTubeに勢力のプレイガイド動画ありますので、参考にしてはいかがでしょうか。

初心者向けの強くて安いデッキはある?

グウェントでは、安いブロンズカードよりも、高いシルバー、ゴールドカードの方がカードパワーが強くなっており、強いデッキを作るにはシルバー、ゴールドカードがどうしても必要になってきます。そのため強くて安いデッキというのはありません。

ただし、1デッキに入れられるシルバー、ゴールドカードの枚数は制限されていますので、極端に高いデッキというのもありません。レア、コモンの数で多少変わりますが、どのデッキも大体同じコストに収まります。

タルからゴールドカードが出たけど、どれを選べばいいの?

SNSなどでハッシュタグを付けて質問してみると、優しい先駆者が答えてくれるかもしれません。そうでなくとも、海外のグウェント情報サイトに便利なツールがあります。

GWENT KEG HELPER

どのゴールドの評価が高いのかを表示してくれます。シルバーカードにも対応しています。(ただし英語です)

最初に作るゴールドカードは?

各勢力固有のゴールドカード以外では、汎用的に使いまわせるニュートラルの《ゲラルト:イグニ》はオススメできる1枚です。

試合中に降参するには?

PC版:ESCキーを押してください。

PS4:タッチパッドを押してください。

Xbox One:メニューボタンを押してください。

試合中にタウント(エモート)するには?

PC版:自分のアバターをクリックしてください。

PS4:L2ボタンを押してください。

Xbox One:LT(左トリガー)を引いてください。

試合中にカードを拡大表示するには?

PC版:カードを右クリックしてください。

PS4:カードを選んだ状態で、R2ボタンを押してください。

Xbox One:カードを選んだ状態で、RT(右トリガー)を引いてください。

試合中に墓地を確認するには?

PC版:墓地を右クリックしてください。

PS4:墓地を選んだ状態で、R2ボタンを押してください。

Xbox One:墓地を選んだ状態で、RT(右トリガー)を引いてください。

観戦機能はないの?

観戦機能はまだありません。

ベースアップとブーストってなにが違うの?

ベースアップはカード本来の戦力値を高め、1ゲームを通しての恒久的なバフになります。ブーストは一時的なバフでユニットが手札に戻ったり、墓地に行ったらバフが解除されます。

より詳しくはこちらの記事を参照してください。

「破壊」・「破棄」・「破滅」?

似たような単語ですが、以下のような違いがあります。

  • 破壊:カードを墓地に移動する。
  • 破棄:カードを手札もしくはデッキから墓地に移動する
  • 破滅:ユニット:「破壊」されると「消滅する」/スペシャルカード:アビリティを実行後に「消滅」する

「消滅」したカードはゲームから取り除かれ、再度使うことはできません。

「タイマー」・「カウンター」?

似たような仕組みですが、以下のような違いがあります。

  • タイマー:ユニットが盤面にある限り、1ターンごとにタイマーが減少する。
  • カウンター:条件が満たされるたび、カウンターが減少する。

「召喚」・「復活」・「生成」?

どれもカードをプレイすることを指す単語ですが、以下のような違いがあります。

  • 召喚:デッキから指定されたカードをプレイする
  • 復活:墓地にあるカードを1枚プレイする
  • 生成:新たなカードをゲームに追加し、プレイする
スポンサーリンク

フォローする