Getting Started – グウェント入門

グウェントを始めたばかりのプレイヤー向けの入門ガイドです。

redditに投稿された「Getting Started – Beginners Guide to Gwent」を基にしています。

スポンサーリンク

Getting Started – グウェント入門

概要

本ガイドでは次のトピックについて説明します。

  1. 勢力とデッキ
  2. 報酬の仕組み
  3. タル開封
  4. カード生成
  5. ランク
  6. Tipsとアドバイス
  7. 上達を助けるリソース

1. 勢力とデッキ

グウェントに存在する5つの勢力それぞれについての要約と、低予算デッキ/メタデッキ(現時点で強いデッキ)をご紹介します。ゲーム開始時点でプレイヤーには各勢力のスターターデッキが与えられています。

  • 「ニルフガード」は密偵を相手の盤面に潜り込ませて特殊効果を発動したり、相手の手札を公開させたりします。多くの判断を求められる非常に複雑な勢力です。難易度:ハード
  • 「モンスター」は天候を利用し、大軍で盤面を覆い、互いを捕食して戦力を高めます。初心者に適した簡単な勢力です。難易度:イージー
  • 「スケリッジ」は女司祭を使ってユニットを墓地から復活させ、ユニットは以前よりも強くなって盤面に戻ってきます。ダメージを受けたユニットをバフすることもできます。難易度:ミディアム
  • 「北方諸国」はユニット(または兵器)で盤面を覆い、それらにアーマーを与えたり戦力値をバフすることに秀でています。ユニット間のシナジーが強いのも特徴です。難易度:イージー
  • 「スコイア=テル」は最も多芸な勢力です。彼らは殆どどんな列にも召喚でき、伏兵を配置したり、単一のユニットを大きくバフしたりします。また、スペル主体の複雑なデッキもあります。難易度:可変
ニルフガードモンスタースケリッジ北方諸国スコイア=テル
低予算低予算低予算低予算低予算
メタメタメタメタメタ

最強の”メタ”デッキはGwentlemenのメタ・スナップショットなどをチェックするか、以下のデッキサイトを見てください。

  • GwentDB – ハースストーンでのHearthpwnにあたるサイトです。ここに掲載されているデッキは数多くありますが、トップのデッキは実際に最新のメタデッキです。
  • Gwentify – ハースストーンのHearthstone Top Decksにあたるサイトです。一般的にこのウェブサイトは、いくつかの選りすぐったデッキにフォーカスを当てています。

2. 報酬の仕組み

グウェントの報酬にはいくつかの種類があります。報酬はゲーム内の「オプション→報酬」で最新の情報をいつでも確認することができます。またこのインタラクティブな計算機を使って報酬を計算することができます。(無課金プレイヤーにとって有用です)

  • チュートリアル:チュートリアルはかなり簡単にクリアでき、1,075鉱石(10.75タル)と50紙片と、相当な報酬を得ることができます。また勢力ごとに、追加の2枚のリーダーカードを得ることができます。もしチャレンジをクリアするのが難しければ、こちらのチュートリアル攻略を参考にしてください。
  • デイリー報酬:デイリー報酬は少し複雑で、報酬を得るためには他のグウェントプレイヤーとゲームをする必要があります。(AIではダメ。)デイリー報酬は2つの部分に分かれています。
    • ティア報酬 – これらの報酬は6、18、42、及び、66ラウンド勝利するごとに得られ、手に入る額も大きいです。(100鉱石、75鉱石、50鉱石、50星の粉)
    • チェックポイント報酬 – これらは上記のティア報酬の間に、何ラウンドか勝利するごとに得られ、大体は15鉱石か、15紙片です。ごく稀に15星の粉か1枚のカードが得られます。
  • グッドゲーム報酬:ゲームの後、あなたと対戦相手はお互いに「グッドゲーム」を送ることができます。これはお互いが通知でいい気分になるとともに、相手にボーナスの5鉱石か5紙片を与えます。
  • レベル報酬:経験値に基づいたアカウントレベルがあります。レベルアップで得られる報酬はかなり大きいですが、主要なチェックポイントとしては、レベル10でランクマッチが開放され、レベル20では無料でレジェンダリーカードが貰えるというのがあります。一般的にレベル20以降、レベルが10上がるごとに1枚、無料のレジェンダリーカードが貰えます。
  • ランク報酬とシーズン報酬:これらの報酬は、実際にあなたのアカウントの進捗を加速します。あなたはレベル10になるまでランクマッチには参加できませんが、そこでうまくやっていきたいと思っているでしょう。(詳細は「ランク」の項目をご覧ください)

週間報酬(チュートリアル、レベル、ランク、シーズン報酬を含まない)

 Tier ITier IITier IIITier IV
ラウンド6184266
経験値2,8048,41219,62830,844
タル8.617.428.530.8
紙片157.7531.31329.51567.5
星の粉10.536.894.5444.5

タル開封

タルを開けると5枚目のカード(レア以上)は3枚のカードの中から選ぶことができます。これは初心者にとっては失敗したくない難題になることがあります。ここに基本的なヒントを示します。

ブロンズカード(白/青の宝石)

これらは実際に非常に大切なもので、デッキの”エンジン”であり、そのデッキが何をするものなのかを定義しています。個々のカードの能力に焦点を当てるのではなく、1~2の勢力に絞ってピックする方が良いでしょう。迷った時は一番好きな勢力のカードをピックしてください。これによりあなたの勢力に多くの選択肢が与えられ、ランダムなカードで勢力に跨って多くのデッキを構築できるようになります。

注意:いくつかのブロンズカードには3種類の絵柄違いのカードがあります。あなたは3枚までしかデッキに入れることはできませんが、3種類×3枚=9枚まで所有することができます。問題はタル開封時に表示される枚数は全部の枚数ではなく、表示されている絵柄の枚数だけだということです。(《ワイルドハントの騎兵》、《刺青隊の精鋭》、《テメリア軍の歩兵》、《ドラムンド一族の盾乙女》、《女王近衛兵》など)

ゴールド/シルバーカード(金/紫の宝石)

エピックやレジェンダリーをピックする場合は、gwentify.comにある「Gwent Keg Helper」のようなウェブサイトを使うことができます。迷った時はニュートラルカードの方が勢力固有のカードより遥かに柔軟性があることを思い出してください。

カード生成

6月中旬のパッチの後、「作るべきゴールド」を提示するのは難しい。1~2週間後に再訪してください。つまりこの項目は書きかけです。

ゲラルト:イグニ》はあなたに欲しい勢力固有のゴールドカードがなくて、確実に役立つ1枚を探している時には柔軟なフィラーカードです。《シリ》は遥かに弱いカードですが、どこにでもあるカードというわけではないので、2番目にオススメのカードになります。

  1. ゲラルト:イグニ》:非常に柔軟なカードで尋常ではないバリューを得ることができます。最大のバリューを得るためには計画性が必要ですが、対戦相手がこのカードをケアをしないプレイをしたときは厳しく罰することができます。迷った時は、これは素晴らしい「フィラー」カードです。
  2. シリ》:このカードは最初はあまり印象的ではありませんが、あなたは、このゲームでは後攻であることと、カードアドバンテージを持つことが重要であると覚えなければなりません。あなたが少し劣勢の時、このカードをプレイすると、対戦相手に厄介なポジションを強制します。手札を2枚落としてプレイを続けるか、プレイを止めてあなたがラウンドを取ることを許容するかです。(パッチ後数週間プレイするまでは、このカードを作ることには若干のリスクがあります)

ランク

ランクマッチはレベル10で開放されます。それ以前にも明示されていませんが、あなたはカジュアルマッチを通じてマッチメイキング レーティング(MatchMaking Rating/MMR)を与えられています。MMRが十分に高い場合は複数のランクをスキップして、すぐにそのランクまでの報酬を全て一度に得ることができます。また2か月毎に大量のシーズン報酬も得られます。

私はいくらかのプレイヤーがランクに不安を持っていることを理解していますが、プレイヤーのランクは下がることはありません。あなたは、あなたが到達した最高ランクを保ちシーズン報酬を得ます。そして、あなたのプレイが悪いものだったとしても、MMRシステムのお陰で、あなたの「本当のランク」に早く戻ることができます。

以下でも言及しますが、低いランクのプレイヤーとマッチすると、得られるMMRポイントが非常に少なくなり、負けるとMMRポイントが大きく減るので、なるべく近いランクのプレイヤーとマッチされるようにしたいです。対戦相手を探し始めてから30秒後、対戦相手が見つからない場合、ゲームはより広い範囲で対戦相手を探し始めます。この時点で検索をキャンセルしてリトライすると良いでしょう。

最後に、ゲームをより良くする最善の方法は、最適なプレイヤーとメタデッキを使用して、勝利条件を特定してプレイすることです。絶えずカジュアルマッチで遊ぶことは悪い習慣を形成します。ランクを上げたいときは避けてください。

Tipsとアドバイス

  • 最初は1~2勢力に絞ってプレイしましょう。これはカードの収集と、ゲームについて学ぶのに最適です。これによりスターターデッキの学習と構築が容易になります。
  • ランクマッチをプレイしましょう。多くの他のゲームと異なり、ランクマッチは最高の報酬が得られる場所です。レベル10になったらランクマッチを始めたり、または少なくともランク1より上にランキングされているか確認して、すぐに報酬を受け取ることができます。
  • マッチメイキングが30秒を超えると、検索範囲が拡大され、あまり正確でないマッチメイクがされる問題があります。これはランクマッチで上を目指している場合の安定性が低下するので、通常は良いことではありません。マッチメイキングをキャンセルして再度ランクマッチを始めましょう。
  • 配信を見る前にゲームをプレイしましょう。グウェントは視聴者フレンドリーなゲームではなく、ゲームをプレイすることは基礎的な知識を得るのにも役立ちます。沢山ゲームをプレイして壁にぶち当たったら、その時、配信を見ましょう。これにより間違いを見つけやすくなります。
  • 「積極的に」配信を見ましょう。あなたが配信を見る準備ができたら、配信者がプレイする前に、あなたなら何をするか考えてください。リプレイを見ている場合は一時停止して考えます。配信者があなたと違うプレイをするなら、それが何故かを考えましょう。ただ見るだけで必ずしもあなたのプレイが良くなるとは限りません。「積極的に」見て、学習しましょう。
  • 最適なデッキの枚数は25枚です。ほとんどの場合、デッキは可能な限り小さくします。これにより枚数の限られたゴールド/シルバーカードを引いてくる確率を高めることができます。理想的にいけば、4枚のゴールドカードと6枚のシルバーカードの全てを引くことができるでしょう。
  • 配置の問題:天候や《ゲラルト:イグニ》を避ける以外に、どこにユニットを配置するべきでしょうか。《スケリッジの嵐》を軽減するためにゴールドカードを列の左端に置きましょう。ゴールドカードをユニットの中央に置かないことは《指揮官の角笛》の効果を最大にします。移動するユニットや、生まれてくるユニットは列の右端に現れます。密偵を使うか、ユニットを移動させるアビリティを使うことで、この戦略を敵に与えることもできます。これはアドバンテージを生む小さな方法です。

上達を助けるリソース

  • Basic Guide to Game Concepts – /u/Sloonieが投稿。基本的なマッチ、マリガン、戦略、ゲームのコンセプト。
  • Guide to Deckbuilding/u/Sloonieが投稿。ネット上のデッキが気に入らない人のためのデッキ構築ガイド。これは簡単ではありませんが、自己満足できます。
  • Tutorial Walkthrough for Beginners – 全てのチュートリアルのボスをスターターデッキで倒すためのガイド。
  • Gwent Keywords Glossary – グウェントにはたくさんのキーワードがあります。カードをマウスオーバーするか、このサイトでチェックできます。
  • PC Shortcuts/u/Desiderius_Sが投稿。グウェントのキーボードショートカット。
  • Gwent Discord – もしあなたが誰かの助けがほしかったり、チャットがほしかったらGwent Discordが使えます。
スポンサーリンク

フォローする